Japan Academy Philharmonic

ゲルハルト・ボッセ 〈音楽監督〉

ゲルハルト・ボッセ

1922年、バッハ所縁の地として知られるドイツのライプツィヒ近郊のヴルツェンに生まれ、5歳の時から父にヴァイオリンの手ほどきを受ける。

ライプツィヒ音楽院に進み、当時ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスターでもあったヴォルガント教授およびダヴィドソン教授に師事。在学中から同管弦楽団のメンバーを務めた。

第2次大戦中は、リンツ帝国ブルックナー管弦楽団で、フルトヴェングラー、カラヤン、ベーム等のもとで演奏。 1946年にはワイマール音楽大学の助教授、49年には教授に就任した。1951年よりライプツィヒ放送交響楽団の第1コンサートマスターとなり、同時にライプツィヒ音楽院のヴァイオリン教授と室内楽マスタークラスの主任を務める。55年にはゲヴァントハウス管弦楽団の第1コンサートマスターとゲヴァントハウス弦楽四重奏団の第1ヴァイオリン奏者となる。

1962年にはゲヴァントハウス弦楽四重奏団の一員としてドイツ民主共和国国家賞、72年にはライプツィヒ市からニキシュ賞と政府から国家功労賞を受賞。ゲヴァントハウス・バッハ管弦楽団のリーダーとして活躍。87年ゲヴァントハウス管弦楽団第1コンサートマスターを退任、記念コンサートを指揮する。98年、ドイツ政府より功労十字勲章(一等)を授与。

1961年に初来日。80年には霧島国際音楽祭・講習会を創設、現在に至るまで音楽監督を務め、講師、ソリスト、オーケストラの一員、指揮者として度重なる来日をしている。新日本フィルとは90年の特別演奏会で初顔合わせ以来、定期演奏会、カザルスホール定期、年末「第九」公演など40回近くの共演を重ねる。2000年9月より、新日本フィル首席客演指揮者を務めている。また2002年2月には同ミュージック・アドヴァイザーに就任。この就任と新日本フィルの創立30周年の記念として、7月から9月にかけて<ベートーヴェン・ツィクルス〜交響曲全曲演奏会>を行い、非常に高い評価を受けた。2012年没。

ジャパンアカデミーフィルハーモニック ロゴ Contact Us | ©2011 NPO Japan Academy Philharmonic